もったいない自然材【さいたま市家づくり】

原材料は無垢材

私は、工事をさせていただくときは、下地材・造作材共になるべく国産の無垢材を使います。

 

その理由として、扱いやすい・ストレスがない・処分しやすいなどなど

 

値段が高いと言って使わない業者さんもいるみたいですが・・・

 

色々な建材がありますが、色々と融通が利くのは国産の無垢材だし

 

一番は人も地球も安心と安全というところです。

 

その下地材や造作材に使われる無垢材(基本的に国産材、時には外材も)は、

 

大体の現場で端材や余り材が出るので、弊社の作業場(Organic Base)で保管していますが、

 

時を重ねるごとに増える一方。

 

小さいものは薪にしますが、ある程度の大きさのものや数があるけど他で使い道がないものは

 

「木」が好きな私にとって産廃に出すのも勿体ないので、何かに使えないかとずっと考えていました。

 

そこで、いつか形にしようと考えていて、ようやく形になったのが「木でつくる雑貨」

路地裏ガレージマーケット

自然材による木の雑貨
路地裏ガレージマーケットに出店

これまでの現場の端材や余り材、解体した良質な無垢材を利用して

 

カッティングボードや書類ケース・椅子・スツール・鍋敷などを製作しました。

 

「木」が好きでどうしても処分できないものが、別の形になるのは楽しいですね。

 

今回は、さいたま市中央区の路地裏ガレージマーケットさんにお願いして

 

2日間出店させていただきました。

 

売上げとかは、別にして来店して頂いたお客様に木に触れていただいたこと

 

販売するという良い経験を得られて、出店して大変良かったと思います。

 

数多くの商品を揃えて出店しましたが、一番数多く売れたのは、

 

「木の箸」・・・値段もかなりお手頃でしたから

 

持った瞬間、凄く軽いと驚かれ、気に入って買っていただいた方が多くいらっしゃいました。

 

その商品たちは、今後弊社HPのリニューアルと共に掲載したいと思いますし、

 

気になる方や詳しく商品を見たい方や購入したい方は、

 

下記の弊社コンセプトルーム【the organic base】にお気軽にお越しください。

コンセプトルーム【the organic base】のご案内

さいたま市の健康住宅
自然材でつくる家づくり【さいたま市工務店】

自然材の良さを感じられる、心地よい空間の弊社コンセプトルームに遊びに来ませんか

 

【コンセプトルーム】

心育む丸ごと自然素材の空間

・断熱材:セルロースファイバー ウッドファイバー

・床:無垢杉板

・壁:木摺り+漆喰、石膏ボード+漆喰、石膏ボード+ウォーロ、杉板張り

・天井:杉板張り

 

場所:さいたま市中央区円阿弥6-4-10

 

見学希望される方は、お問い合わせフォームよりご連絡をお願いします。

このブログを書いた人

有限会社安田工房 営業・設計・監理・大工 安田善行(1978年生まれ)

 

趣味:キャンプ・薪ストーブで火遊び・一人飲み・モノづくり・季節ごとの遊び

 

大工歴:23歳から

 

家族構成:妻(一緒に仕事している女性)、娘(テニスしている中学生)、息子(サッカーしている小学生)の4人家族

 

幸動していること:仕事(モノづくり、最近は営業・設計・管理がほとんど、その前は大工工事から全て)・少年サッカーのお手伝い(OBという事もあって)

         地元消防団(最近は良いことで火事が無い)・キャンプ(そろそろソロキャンプかな)・家族旅行(年一回は知らない所に行きたい) 

         食の大切さを伝える(自ら苦しい思いをしたので、興味ある人には伝えています)・想像と考動(ひらめきを大切に・形に)

 

資格:二級建築士・一級大工技能士・耐震診断士・既存住宅状況調査技術者・住宅省エネルギー施工技術者講習会修了

   住宅省エネルギー設計技術者講習会修了・自立循環型住宅設計講習温暖地版修了・自立循環型住宅設計講習改修版修了

 

家づくりのモットー:自ら住みたくなるような家づくり・家直し

 

モノづくりのモットー:使いたいものを形に