自然材を活かす【さいたま市工務店】

解体現場から出た材木

木造家屋の解体現場にて、屋根の破風という部分に使われていた材木を

 

解体時に無駄に切ったりせずに取り外し新たな形にして生まれ変わらせようと、

 

釘や板金材をまずは取り除く作業をしています。

木と漆喰でつくる家
木を活かすモノづくり

何を作るか只今考案中ですが、

 

候補としては、

 

剥ぎ合わせて巾広くして・・・テーブル

 

同じく剥ぎ合わせて・・・椅子

 

長さと幅を活かして・・・ベンチ

 

素材をそのままに、新築・リフォームでカウンター

 

細かくして・・・木の箱 というのも

 

 

上記のように「木」というものから色々なものが生み出されるので

 

ものづくりの素材としても、とても万能という事ですね。

 

また、木は自然の恵みで出来たものですので、素材からパワーももらえるし

 

時には癒しも与えてくれて、人の心を豊かにしてくれる存在です。

 

 

そのような材料の木ですが、造る作業にも影響があり

 

人工的なものに比べて疲れ方が違うように感じます。

 

 

その様な材料で造った家づくりは、住む人の心を豊かにしてくれると確信しております。

 

 

私達の家づくりは、性能より素材が重要と考え、

 

自然材を活かした技術とアイデアで、素材本来のパワーを引き出すことで

 

快適な住まいが出来ると考えております。

 

コンセプトルームのご案内

さいたま市の健康住宅
自然材でつくる家づくり【さいたま市工務店】

自然材の良さを感じられる、心地よい空間の弊社コンセプトルームに遊びに来ませんか

 

【コンセプトルーム】

心育む丸ごと自然素材の空間

・断熱材:セルロースファイバー ウッドファイバー

・床:無垢杉板

・壁:木摺り+漆喰、石膏ボード+漆喰、石膏ボード+ウォーロ、杉板張り

・天井:杉板張り

 

場所:さいたま市中央区円阿弥6-4-10

 

見学希望される方は、お問い合わせフォームよりご連絡をお願いします。