涼しい家【さいたま市健康住宅】

夏は暑い

夏は、暑いですよね。

 

ただ、思い返してみると・・・暑いのは2か月程度

 

夏でも、雨が続くと夜は寒く感じたりします。

 

エアコンつけないと寝られない人もいたり

 

その逆でエアコンが嫌な人もいたり

 

そんなこんなは、昔から彼岸までと言われています。

 

お彼岸が過ぎると、秋の気配が感じ

 

9月に入ると、すっかり秋の空気が漂いますね。

 

 

で、そのお彼岸までの間、さいたま市内で家のつくり方次第では

 

エアコン無しでも寝られます。

 

人それぞれ感じ方が違うので絶対とは言えませんが、私の家族は2021年夏はエアコンなしで大丈夫でした。(汗はかいてますよ(^▽^)/)

 

実際に、私はここ数年エアコン無しで、暑い時は扇風機のみで寝ています。

 

 

暑くて途中で起きることもありますが、ほとんど朝スッキリ目が覚めます。

涼しい家とは・・・

涼しい家=冷房の効いている家 ではないんです。

 

冷房の効いている家でも暑く感じる家ってありますよね。

 

それって湿度が関係してくるのです。

 

 

で、その湿度を何とかしたい・・・それには、素材が重要

 

 

突然ですが・・・

ビニール袋と紙袋

 

閉じ込められるとしたらどちらが快適そうですか?

 

木と漆喰とセルロースファイバーでつくる家
さいたま市健康住宅で涼しい家のつくり方

 

上の写真はその涼しい家の中の一枚

 

 

確かに暑いんですよ・でも快適なんですよ

なぜなら湿気をあまり感じられないから・・・

これ数字では表せられなく、感じてもらえる人しかわからないのかも

 

 

 

で、私の回答は紙袋です。

 

理由は、ジメジメしそうもないし、カラダに纏わりつかなそうだから・・・

 

 

 

 

これが、涼しい家のつくり方で、このような家につくるには、自然素材で作るしかないんです。

 

しかも、見えない所も丸ごと自然素材で。

 

 

その要素の一つが、セルロースファイバー断熱材。

 

 

それに似たような性質の断熱材は色々ありますが、施工性・費用の面から考えても

 

セルロースファイバーをお勧めしています。

 

 

理由を知りたい方や興味ある方、実際に弊社コンセプトルームにて、見て触って自然素材の空間を感じに来ませんか。

 

 

 

お問合せフォームより、ご連絡ください。

コンセプトルームのご案内

弊社コンセプトルーム

丸ごと自然素材の空間

・断熱材:セルロースファイバー ウッドファイバー

・床:無垢杉板

・壁:木摺り+漆喰、石膏ボード+漆喰、石膏ボード+ウォーロ、杉板張り

・天井:杉板張り

 

場所:さいたま市中央区円阿弥6-4-10

 

見学希望される方は、お問い合わせフォームよりご連絡をお願いします。