自然素材の床板【さいたま市健康住宅】

住む人も地球も

弊社の家づくり・家直しの基本コンセプトは、

 

住む人が快適に・豊かに暮らせる住まいを、

 

住む人だけでなく、地球にも優しい家づくり・家直しを提案しています。

 

現在進行中の耐震×断熱×リノベーション現場では、

 

さらに自然素材をプラスした【健康住宅】を造っています。

 

その中で、1階に張った床ですが、

 

集成材ではない、合板でもない、無垢の杉の床板です。

 

この床板を使う良い理由は、

  • 人に優しい
  • 温もりがある
  • 夏場は湿気を吸収してくれる
  • 冬場は体温を反射してくれる
  • 目にも優しい
  • 落ち着く雰囲気になる・・・などなど

色々と良い点がありますが、造っている人=大工さんの健康ためにも良いのものなので

なるべく使うようにしています。

 

特に床は人と触れ合う事の多い部分なのでとても重要になります。

 

欠点となると

  • 人工的につくられたフローリングと呼ばれるものに対して費用が高くなる
  • 擦れや床鳴り(経年劣化を楽しむと考えると良い点になる)などなど

自然素材を好む人にとっては欠点ではないと言われています。

 

もう一つは、地球に優しい

  • 燃やしても無害
  • 土に還る
  • 端材は燃料にもなる

 

扱っていて気分が良いものは人にも地球にも優しいものだと、今までの経験から感じています。

 

人工的につくられた材料は、工事で出た木くずなどは

 

掃いても掃いても静電気によってゴミが纏まらず、中々掃除に苦労しますが、

 

自然素材の木くずなどは、静電気をもたないので綺麗に掃除ができるのです。

 

このことからも、静電気を帯びてしまう、人工的な材料より

 

少し費用が高くても、自然素材のものを使って仕上げた方が

 

住む人にも・地球にも優しいと考え自然素材の床板をご提案しています。

耐震×断熱×自然素材=暮らしのリノベーション
杉の無垢の床板【さいたま市健康住宅】

私たちは、オーガニックスタイルの家づくり・家直しで、住む人も地球も健康にをコンセプトに地域密着型の工務店です。


安田工房へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。