家の修理もしているからわかるいい家づくり【さいたま市家づくり】

メンテナンスしやすい家

メンテナンスしやすい家とは、直しやすい家のことで、家づくりに費用を掛けたのに、直しにくい家ではまたお金が余計に掛かってしまいます。

 

それでは、住む人にとって二重苦なので、そうならないような家のつくり方を進めてます。

 

 

例えば、外壁

 

基本的にはサイディングは直しにくいのでおススメしません。(どうしてもの場合は除く)

 

サイディングは、10数年に一度塗り替えは必須です。

 

それを怠るとコーキングが劣化したことにより雨漏りの原因になったり、サイディングの表面が塗膜が無くなり撥水しなくなり、

 

補強できない箇所で劣化からひび割れし変形し直しようもなく、とりあえず補修したこともあります。

 

 

 

その一方、外壁リフォームしていて直しやすい外壁は、モルタル壁。

 

割れたりするリスクがありますが、現在の工法ではあまり無いように思えますし、もし地震等で割れても補修がしやすいです。

 

 

その他に、板金サイディング。これは見栄えより張り替えやすいものを選ぶ必要があります。

 

 

あとは、木板張り

 

用途地域によって張れない所もありますが、非常にメンテナンス・張替えが容易でホームセンターでも購入できるようなもので

 

作ることも可能です。

 

 

おススメの外壁材はどれも廃棄が少なくて済むものか、リサイクル出来るようなものなので地球にも優しいものなので

 

是非ともこの3つから選んでいただきたいです。

地球にやさしい家づくり
モルタル外壁下地