さいたまの【kinoie】づくりは人でいうと皮膚呼吸 【さいたま市オーガニックの家づくり】

呼吸するって大切です

空気を吸ったり・・・吐き出したり・・・ これって呼吸するってことです。

 

 

人の皮膚も呼吸するって言いますよね。

 

 

だから、TVで皮膚全部に塗料が塗られている芸人を見ていると死んじゃう~って見ながら思う事も・・・

 

 

昔は、綿で洋服を作っていたので、汗をすって、それを外に吐き出して・・・衣服も呼吸しているってことに

最近は、涼しさや温かさをより効率よく効果的に、化学繊維などで高スペックの衣服もありますが、

基本的な考えは「呼吸」すること

 

 

改めて、

 

人の皮膚は、呼吸するってご存知ですか?

衣服も呼吸するってご存知ですか?

 

 

 

そうしたら人を包み込んでくれる家も呼吸した方が快適だとイメージ出来ませんか?

しかも、人工呼吸ではなく自力で呼吸した方がいいと思いませんか?

 

 

その方法が全て自然素材でつくる【kinoie】なら可能なんです。

 

自然素材が空気を浄化してくれるし、湿度も保ってくれる

 

 

 

仕方なく付けている人工呼吸器=24時間換気は、これなら本当は付けなくてもいいんです。

 

なぜなら、家が呼吸してくれるし、室内に有害物質は無いし

 

 

 

特に気を付けたいのは赤ちゃん

赤ちゃんは皮膚のバリアがちゃんと作られていないから、室内の空気汚染に反応しやすく

乾燥も大敵だから、正しい室内環境を大人が作ってあげないと、将来の子供のアレルギーの有無に

影響が出てしまいます。

 

 

で、実は減っていないシックハウスや化学物質過敏症。

日本の気候風土に反するとこのようになってしまいます。

 

 

色々と原因はあって、詳しくはHPで見てもらうか、弊社まで来てもらえるとご説明いたします。

 

 

原因の一つが高気密高断熱+24時間換気による過乾燥。

 


冬場に乾燥した空気を摂り入れて、室内で発生した湿気を24時間換気で排出する。

で、自ら乾燥させてしまう・・・

 

 

そりゃ~カラダに悪い。

 

 

 

オーガニックの家づくりも【kinoie】体験館で体感できます。

人も環境も健康な暮らしをしたい方は、弊社にご連絡をお待ちしております。

さいたまオーガニックの家づくり
呼吸する家【kinoie】さいたま