住環境が原因の病【シックハウス】 【さいたま市無添加の家づくり】

アレルギーの一つが シックハウス=住宅に起因する疾病のこと

子供の頃に以下の病にならなかったとしても成人になった時に発症するという事も。

 

その代表が【花粉症】で、どのような室内空間で育ってきたかが、歳をとった時の体調にも関係してくると考えられます。

【シックハウス】も同じことが起きると考えられています。

先ほど述べた通り個人差があるので、子供で発症することも大人になって発症することも。

 

住宅建材や家具などから放出されるホルムアルデヒドや揮発性有機化合物(VOC)などによって

皮膚や目や喉などの刺激症状、倦怠感、めまい、頭痛、疲労感など病状が現れることをシックハウス症候群と言います。

 

この化学物質が床面に滞留するので、乳幼児期から暴露する機会が多くなり、

特に新築住宅だけではなく賃貸住宅でも起こりうることなので

幼児期を過ごす若い世代の家庭では慎重な家探しが必要と思います。

 

 

シックハウス対策で、☆☆製品が使われていますが全く無くなった訳ではないので

今現在でもシックハウスに悩んでいる人も多く、増えている傾向にもあるのが現状です。