なぜ無垢材にこだわるのか 【さいたま市無垢の家づくり】

空気が良い

家の中の空気の質は「住」で決まる。というよりも、「住」で扱う素材が重要です。
安い材料でつくったそれをごまかすには、何をしても無理のような気がします。
対策方法が何かあるのかもしれませんが・・・色々な家をつくってきたり、見てきてそう感じます。
近所のお客さんの所へ打ち合わせに行ったら、目の前の工事中の建て売り現場周辺の空気は・・・有害物質の臭いが凄い。
そのお客さんも困っている様子で「これが夏だったら窓も開けられないから、冬場の工事でまだ良かった・・・」と
これでは、現場周辺住民のへの環境破壊ぐらいになってしまうぐらい。
有害物質の発生源は、家を作っている建材です。
料理でいうと食材。
食材というと怖くなりますが、建材だとピンとこない人もいたり・・・人それぞれですが、私は嫌なので使わない努力をしています。
逆に無垢材を使った現場ではこのような事にはなりません。通りがかりの人は、「良い木の香りがする」って
いいながら通っていきます。
その打ち合わせの帰り道は、安い酒の時の二日酔いみたいな頭痛になってしまい
みなさんならないのかな?と思ったり・・・
しかし、仕事で行かざるおえないときもあるのですが、1日経てば慣れてしまうから人のカラダは怖い。
食品添加物が爆発して悪夢の時間を過ごした時みたいに、いつか何か起こると考えると恐ろしい・・・
弊社は、作っている人がそう感じるものをお客さんにおすすめ出来ないから、全てのお客さんには、まずは無垢材をおすすめしています。
値段が高いと良く言われますが、人工的な建材が安すぎるだけで、自然素材ほどコストパフォーマンスに優れたものは他にはありません。
とにかく安くと言われれば話は別になってしまいますが・・・

仕事するにも無垢材の方が手間はかかりますが、お客様も作り手も何かと良い事の方が多いので
無垢材を使う理由の一つに「臭い」と「空気」が良いということです。
これって、アレルギーにも関係してくるので、注意が必要です。
全て経験談です。
無垢なリノベーションさいたま
オーガニックリノベーションさいたま