無垢の床にリフォーム【さいたま市中央区】

人工のものは劣化する

合板でつくられたフローリングは薄い木の単板を接着剤で張り合わせただけなので何十年も経つと劣化してしまいます。

 

 

今回ご相談してくださったお客様宅もネタの上に直に合板のフローリングが張られていてよく歩く箇所は歩くとたわみが感じられるように。

 

 

直ぐ床に穴が出来る事はありませんが、もしもの事態を避けるために早めの対処のご相談がありました。

BEFOR

さいたま市リフォーム工事
床リフォームのご相談【さいたま市工務店】

見た目ではわかりませんが床のある一部歩くとたわんでしまいます。

 

この施工は当時は普通に行われていたのでこのような状況になってしまうのは仕方ないことかと・・・

ご提案した材料は・・・

費用を抑えるとなると・・・やはり合板のフローリングです。

 

今回は、10年前にLDKをリフォームした際に張ったフローリングに似たものがいいとのこともあり

 

ナラのナチュラル色を探していましたが、なかなか10年前に張ったものと似たものが無く

 

それなら、施工面積もあまりないこともあり無垢のナラ材の床板もいいかなと思いお見せしました。

 

そうしたら、せっかくなので本物を張ってみたいとのことで「ナラのウレタン塗装の床板」に決定しました。

 

工事完了

玄関の廊下だけという事もあり、下地工事から床張り完了まで一日で終わりました。

 

無垢材の難しさはありますが、本物の材料での仕事は楽しさがあります。

AFTER

さいたま市床リフォーム
自然素材で床リフォーム【さいたま市工務店】

本物の材料の質感や色合い・風合いにお客様も満足していただけました。

 

やはり本物というものはとても魅力的で満足度が高いです。

 

 

お客様の感想

 

「やっぱり本物を選んで良かった」

 

「本物は見た目が全然違いますね」との感想を頂きました。

 

 

種類によっては決して高価なものではないのでお気軽にご相談ください。

 

 

リフォームによって気分も変わりお気に入りの場所ができる弊社のお客様が増えています。

 

弊社は、リフォーム工事が多いので当然ですね・・・(笑)