さいたま市耐震補強工事始まりました

解体から

築40数年の住宅の耐震診断を行ったあと、耐震補強設計をします。

 

その後工事契約を交わし、いよいよ耐震補強工事開始です。

 

まずは解体から

 

耐震補強設計ですでに補強箇所は決定済みなのでその部分の壁だけを壊していきます。

 

現状確認しながらも、再利用できるものなど判断して壊していきます。

 

リフォームはどうしても追加工事があるので再利用できるものがあると

 

当初見ていた見積り金額から追加工事に回せるのでお客様にも環境にもいいことなので

 

なんでも壊せばいいというものではありません。

 

補強工事の段取りを頭に入れながら、解体していきます。

さいたま市耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事
さいたま市耐震補強工事 解体工事