さいたま市木の家新築工事 通気胴縁施工中です

胴縁打ち付けています

木の家づくりの外壁は通気工法を採用していますので

 

外壁面と躯体面の間に空気が流れるように、胴縁といわれる杉の厚み21ミリの材木を

 

基本455ミリピッチで打ち付けてます。

 

これが終わると屋根やバルコニー下の天井作りに入ります。