無垢材と漆喰の自然素材の家づくり 透湿防水シート編

遮熱効果のある透湿防水シート ラミテクトプレミアムサーモ

新築工事において断熱工事を内断熱にして外壁を通気工法にした場合、柱の外側には透湿防水シートを張ります。

 

これは建物内部の湿気を外部通気に逃がすことで内部結露を防ぎ、逆に外からの雨などの水の侵入を防ぐためのシートです。

一般的にはメーカー問わず白いシートが使われていますが、㈲安田工房の家づくりではシルバー色のシートを使います。

 

現在コツコツ進行中の現場ではこのシルバーのシートには遮熱効果のあるラミテクトプレミアムサーモを使用しています。

ラミテクトプレミアムサーモ
遮熱効果のあるサーモシート

このシートを使うことによって夏場は外気からの遮熱効果、冬場は内部の暖かい温度の保温効果が期待できます。

 

 

建築現場では後では交換できないものが多々有ります。ですからこのような箇所には多少費用が掛かっても品質と性能がいいものを選んで使用すること勧めています。

 

 

㈲安田工房の木の家づくりにおいて壁の断熱材には、㈱マツナガのセルロースファイバーを使用します。

 

 

弊社HPの木の家の仕様でも書いてある通りに外壁に面する壁内に隙間なく充填するセルロースファイバーの施工後は壁がパンパンに膨れますので丈夫でなければいけません。しかも一生そのシートは、雨や風や熱やセルロースファイバーや家を守らないといけません。

 

 

そのような条件を満たすものとして厚くて丈夫なシートを探していたら、遮熱がプラスされたこのシート。

その日の条件にもよりますが暑い夏の現場では、外の日陰より遮熱シートに覆われた現場内の方が涼しいこともあります。

 

 

色々な条件や長い目で考えると満足度は高いものとなります。

 

 

 

ちょっとこだわるだけでその後の暮らしには高い満足度が得られ結果良い買い物になるということです。

 

 

せっかくの新築・リフォーム・リノベーションにちょっとした工夫とこだわりを入れてみるといいものが出来ますよ。