さいたまの大工がつくりだすもの

ものづくりの醍醐味とは

 ものづくりの醍醐味とは何もないところにモノをつくりだすこと

 

 さっきまで何もなかったのにいつの間にか出来上がっている

 

 街の中でも店の中でも家の中でも

 

 先月完成したリフォーム現場から一つ紹介します。

何もないところに

 

コツコツ作っていくと・・・

モノができる

大工のちから

 今回のものづくりの流れを簡単に説明すると


 1.お客さんがここにあるドアをあそこに付けたいと依頼する


 2.大工がドアを外してドアの大きさ等を採寸して壁の下地をつくる


 3.ドアが取り付けられるように枠材を加工して下地に取り付ける


 4.塗装屋さんに着色してもらう


 5.建具屋さんにドアを取り付けてもらう


 6.内装屋さんにクロスを張ってもらって


 7.完成です

まとめ

 この一連の流れを弊社は大工だけでやらせてもらいます


 その方が無駄が省けた分お客様に還元できます


 これが本来の大工のちからです


 頼ってみたらいかがですか。