(株)住宅構造研究所 ガーディアンウォール工法(GW工法)

解体箇所は補強箇所の壁だけです

耐震補強工事となると床も壁も天井も全て壊さないとできないのではないかと思われる方も多いかと思いますが、基本的には耐震壁

 

をつくる壁のみの解体となります。

 

工事箇所やご予算に応じてお客様のご負担を少しでも軽減するために、住みながらしかも壊す箇所は壁だけで耐震補強できる工法を

 

弊社は採用しています。

 

この壁だけを壊して耐震補強できるメリットは

 

  • 解体時と補強工事中のほこりが最小限で済むこと
  • 工期が短縮できること
  • 工期が短くなるので費用も抑えられること
  • 真壁和室にも対応できるということ

 

工事期間中の騒音や埃・留守などはリフォーム工事の悩みの一つです。それが最小限で抑えられ住みながらしかも工事期間を短縮で

 

きて建物が強くなる耐震補強工事ができるのはお客様にも弊社にもメリットがある工法です。

 

 

但し、耐震補強設計次第ではこの工法が採用できないこともあります。また、解体後に補強工法計画の変更を余儀なくされることもありますのでその場合はご了承ください。まずはお気軽に弊社にご相談を。

さいたま市耐震補強工事 ガーディアンウォール工法
さいたま市耐震補強工事 ガーディアンウォール工法
ガーディアンウォール工法