色々な思いをブログに残しています

2021年

10月

15日

点検と暮らしの感想【さいたま・いい家づくり】

弊社は、お仕事させていただいたお客様へは、何かあればなるべく

 

早く伺って修理・点検致します。

 

今まで、経年劣化などを除きそれほど大きなメンテナンスするということはありませんでした。

 

シンプルな工事かつ工事中からメンテナンス必要な部分などには、

 

注意しながら進めている結果かもしれません。

 

今回は、シャッターの不具合の点検から、一緒に内部の点検しようと思って

 

床下を拝見させていただきました。

 

初めての梅雨・夏でしたが、床下はカラッと乾燥していました。

 

防湿コンクリートとセルロースファイバーのおかげですかね。

 

このお客様宅は、耐震補強工事と共に床・壁・天井とセルロースファイバーで断熱改修+リノベーションという

 

大掛かりな工事をやらせていただきました。

 

今回の点検では、夏場の室内の暮らしを聞くことが出来ました。

 

その結果、夏場のエアコンは、今までより設定温度が2℃下がったそうです。

 

また、エアコンの効きが早い事にびっくりされておりましたし、

 

素肌の感覚、体感が全く違うとの感想でした。

 

冷房が効きすぎて、ちょっと寒くなりすぎることもあると・・・

 

これは、室内の自然素材の内装仕上げとセルロースファイバーによる透湿性能が要因で、

 

湿度を低くしてくれている事の現れだと思います。

 

私達が考える暮らしやすい家とは・・・

 

家全体が、呼吸する性能が、暮らす人を快適にしてくれる家のつくり方です。

 

 

また、一歩入った瞬間、「木」のいい香りがして、空気のキレイさも伝わってきました。

 

自ら造っていても、感動の瞬間でもありました。

続きを読む

2021年

10月

13日

ちょっと、すぐメンテナンス【さいたま家づくり】

窓のシャッターの不具合

続きを読む

2021年

10月

08日

地球を汚さない家づくり【さいたま市工務店】

自分のカラダを壊した時に気づいたことがあって

 

「食べ物によって体が悪くなる」のだと・・・

 

 

見習いの頃から、自然素材の家を携わってこれたからか、

 

「食」と「住」は同じ きっと「衣」も同じ

 

と、直感しました。

 

 

食品添加物によって体がおかしくなる、って体験して、思ったこと

 

 

という事は・・・

 

食品添加物=石油製品な気がする、となると

 

今の石油製品ばかり使っての家づくりによって地球がおかしくなる

 

と、前々から感じていましたが、色々な事情で目を瞑っていたところもあるのですが、

 

では、何のために家をつくるのか・・・改めて考えるようになり

 

私達は、

「未来に繋がる家づくりをしよう」

「100%地球に優しい材料では無くてもそれに近づけよう」

 

 

材料を揃えれば、高気密高断熱省エネ耐震等級3の家づくりは出来ると思いますが、

 

私は、未来の為に、新築工事では、

なるべく
・自然に還るもの
・処分出来るもの・しやすいもの
・リサイクル出来るもの

その家が、その後リフォームしても

なるべく
・処分に困るゴミが出ないようなもの

・補修の効くもの

・代替えがしやすいもの

 

のような家づくりをお勧めしたいと考えております。

 

今の現状に全ては否定できないが、未来の環境のためにも、石油製品は、なるべく使いたくない。

 

そんな想いで弊社の「自然材の家づくり」始まります。

 

写真は、来月上棟予定の「自然材の家づくり」の模型

続きを読む