リフォームをおススメする理由

ツカエルものは活かして使う

住まいのどこかが壊れてしまったり機能が役に立たなくなったりしたときには誰しもリフォームをするしかないと考えます。モノは平均的な耐用年数があり壊れる前に交換することも大切なことです。

リフォームは、ただ新しくなるだけではなく使いやすくなったり安全になったりといいことが沢山ありますが、最大のメリットは、リフォームをされたお客様が、快適な空間を手に入れて充実した生活を送っていることでしょう。

気分も一新し綺麗に保とうと心がけるようになることでお気に入りの空間となり豊かな生活に変わります。諦めているその空間をリフォームすることで気分も生活も一新してみると豊かな人生に変化すると思いますよ。

また、「モノ」というものは、直せば使えるものが多くあります。家も同じことです。直せば「ツカエル」活かせば「ツカエル」。活かせるかどうかは大工の手腕に掛かってきます。

例えば・・・

BEFOR

さいたま市中央区リフォーム前
築40数年の住まい

AFTER

さいたま市自然素材リノベーション
リノベーション後の住まい

このような工事には、当然費用も掛かりますし住みながらの工事となるのでお客様もかなりの負担になりますが、リフォーム・リノベーションにより住まいの機能と住宅設備の機能が大幅に改善されることで、今までの不便な生活から解放され豊かな暮らしが待っています。心が豊かに暮らせる住まいを手に入れると人との交流も社会との交流も充実することになり人生が豊かに過ごせるようになります。ですから、もし住まいに関する何かで困っているのであればリフォーム・リノベーションをして充実した生活を送ることをおすすめします。

リフォームとリノベーションについて

リフォームは機能の回復という意味合いに対し、リノベーションは新たな機能や価値を向上させることを意味します。

リフォームは小規模に対しリノベーションは大規模というイメージです。

 

リノベーションは、間取りを変えながら床・壁・天井をこだわりの素材で仕上げ、何十年も使用したシステムキッチン・洗面化粧台・ユニットバスを新しい間取りに設置する。工事のついでに耐震工事やバリアフリー工事などを行う大規模な改修工事のことです。家族構成の変化や住まいに対する考え方の変化からそのような大規模な工事をされる方が最近増えています。

 

それに対してリフォームは、雨漏りなどの修繕、床や壁を張り替える・外壁の取り替え、住宅設備(キッチン、浴室などの水周り主体)の取り替え(補修)、今の住宅の床面積を増やす(増築)、今の住宅の床面積を増やさずに中の間取りを変える(改築)、省エネルギー性能の強化(エコガラス(省エネ複層ガラス)、サッシなど)、耐震性の強化(補強工事など)、手すりや階段昇降機の設置などのバリアフリー対応化、オール電化など「交換」がメインの小規模の工事です。

 

住まい性能の向上

今までは「雨風しのげればいい」「住めればいい」などの「家」に対する考えが当たり前でしたが、これからは家というものに「暮らしやすい」という機能を持たすことが重要です。その機能の一つに「家の高断熱化」があり、新しい家も古い家もこの高断熱化が必須アイテムになります。

 

最近では、「住まいのリノベーション」「断熱リフォーム」などとして断熱改修が注目を集めていますが、この断熱改修の費用対効果は高いもので、費用を掛けた分だけ「光熱費・医療費・外食費」などが節約され10数年で元が取れる試算が出ています。

 

お金という物差しだけでなく、夏場の蒸し暑さや冬場の寒さが解消されることで今までとは180度違った快適な生活を送ることができると人生の満足度が上昇し「豊かな暮らし」になります。

また、断熱性が向上すると「光熱費が下がる」ということは、エネルギー(電気代・ガス代)消費量が下がるという事ですので省エネにつながりその先には環境保全にもなるのです。

 

このように高断熱化をすることで「お金」と「健康」を手に入れ、その先に「豊かな暮らし」ができるという事になります。

 

一軒丸ごと断熱改修工事をするとなると1000万円近くになる工事から、数100万円からできる一部の部屋だけの断熱改修工事をする工事、数10万円からできる部分断熱工事などさまざまな工事があります。どの工事も今の暮らしからは改善されることではあり、すべて値段相応に換えってくる工事となります。

 

弊社でも、内窓工事をされたお客様からは「光熱費が半分になった」「毎年悩まされた冬の結露とカビが解消され生活が楽になった」との声をお聞きします。

今までは雨風しのぐだけの「住まい」から、節約・健康・省エネの「住まい」によって人生が変わるものということが注目されています。

 

どこで工事をするか?

さいたま市住まいのお医者さん
住まいの主治医

リフォーム又はリノベーションを検討する住まいとなると、築数年から数十年は経っているいるものです。

 

車でもそうですが、新車で購入したものは、大した修理もなく2・3回は車検が通りますが、それ以降は突然の故障やあちこちの部品交換になってしまいます。車であれば買い替えも検討する方もいらっしゃいますが、住宅は簡単に住み替えるというのは難しいです。

 

家というものは新築であっても大規模リフォーム後であっても数年後には交換や修理が必要なのです。

 

そのことを想定すると、困ったときに直ぐに連絡が取れる近くの工務店や大工さんに頼むことをおすすめします。

特に、大工さんが経営しているもしくは大工さんが常駐している工務店に頼むと、他業種の仕事も理解している大工さんなら突然の故障や破損などにすぐに対処してくれやすいので、あなたの住まいの主治医として近くの大工さんのいる工務店にお願いしましょう

 

リフォーム工事のメリットとデメリット

リフォーム経験者に聞いたリフォームして良かった点は 「きれいになった」が最も多く約55% 次いで 「快適になった」が約51%、「生活しやすくなった」や約46%であった。 一方、リフォームして良くなかった点は、「希望通りの仕上がりにならなかった」が最も多く約13%、次 いで「後から不具合が生じた」が約10%、「工事日数が長く生活が不便だった」「追加費用が発生し、予算をオーバーした」が約8%であったそうです。

検討する時にどこに問い合わせたか

「地元密着の工務店」が 最も多く約4割、次いで、「リフォーム専業会社」、「大工・職人」「ハウスメーカー」「住宅設備メーカー」で あった。また、「ホームセンター」も8%となっているようです。

依頼先としてどこを選んだか

「地元密着の工務店」が最も多 く約3割、次いで、「リフォーム専業会社」、「大工・職人」「ハウスメーカー」「住宅設備メーカー」でした。

依頼した理由

リフォーム経験者の業者選びの際の重視点は、「価格の透明性・明朗さ」が最も高く約4割、次いで、 「説明のわかりやすさ・丁寧さ」「価格の安さ」が挙げられている。また、「接客対応の態度のよさ」も約2 割が挙げている。 

上記の調査は、※日経BPコンサルティングの調査モニターを対象 としたインターネット調査(2010年10月実施) ※この結果はリフォーム経験者に聞いたもの)として国土交通省のホームページで公開された資料からに基づいています。

このアンケートの結果を受けて、「今後リフォームを実施・検討するうえで必要な制度、仕組み」としてあがったものが、何か問題があったときに保証してくれる制度が、最も多く、73.7%にもなっています。また、今後リフォームする際の重視点として、価格の透明性や施工技術の高さが50%を超えた。またアフターメンテナンスや工事に対する保証、実績、説明のわか りやすさ等も40%を超えたそうです。安田工房では、施工技術の高さはもちろんのこと、わかりやすい説明と、しっかりとしたお見積もりをお出しし、安心して施工をご依頼いただけるよう、また長いお付き合いをさせていただけるように、特にアフターフォローを重視しております。


安心してお問い合わせください。