なぜ木の家づくりなのか

何を隠そう、別に隠すわけではありませんが、トップページのスライドショーは、自宅の写真です。

 

もともと木が好きで大工になった私が自邸を建てる時迷わず柱や梁がを隠してしまう「大壁」ではなく、木がたくさん見える「真壁」を選んだことが「木の家づくり」をするきっかけになりました。

 

木に魅了され木の家を建てそして木の家に住んで、子供がすくすくと育っていく姿を見ながら、自宅を木の家にして本当に良かったと感じています。

 

また木の家づくりをすることで地球温暖化対策に役立っていることを多くの方に知っていただきたい。

 

そして木の家の魅力を広くお伝えしたい。

 

そんな思いでこのホームページも作っています。

木の家・木の空間とは

化粧柱・化粧梁
木の空間は木育にぴったり

弊社の木の家とは、家を支えている「木」を見せると木の家になる。

そのような単純な考えで家づくりをしています。

 

木が見えている家って高いでしょ?と思っている方も多いかと思いますが、弊社の木の家のコンセプトはせっかく木を使っているのだからなるべく見せましょうと言う考えなので、どなたでも住むことができるもので特別なものではないとの考えでお客様にご提供しております。

 

HP内で木の家の魅力と効果も載せていますのでご覧ください。


家づくりを通じて自然と住む人を守るものづくり

さいたま市植林活動工務店
NPO法人森と家を結ぶ会を通じての植林活動
木の家で地球温暖化対策
伐採後製材所に運ばれてきた木材
埼玉県木の家づくりで環境問題対策工務店
カーボンオフセットイメージ

木材は大気中のCO₂(二酸化炭素)を吸収して育ちます。

 

皆さんが生活することで出されるそのCO₂は、育ちながら木の中で固定してくれますので、地球温暖化対策に大きな力を発揮してくれています。

 

いっぱい吸収してくれた木を伐って新たな木を植えることで木材がまたCO₂を吸って地球温暖化対策に大きな力を私たちに貸してくれます。

 

人間ではとてもできないことを木は代わりにやってくれているのです。

だから、人が生きていくには無くてはならない存在となるのです。

 

では、伐った木はどうするのか?それは我々が材木として家をつくったり・直したり、木工製品をつくることで有効に活用されるのです。

木をつかうものづくりは「木」を通じて地球温暖化対策の役割を果たす意味もあります。

 

国産材を利用することは製造に要するエネルギーが小さく、輸送距離も短いので輸送に伴うCO₂排出が少なくて済みます。

また、木材は燃料としても利用できますし、腐って土に還るのでごみも問題になりません。

これらの木材が循環することをカーボンオフセットといい環境対策の一つでみんなの力を合わせれば大きな地球温暖化対策になります。

 

それともう一つ。荒れた山からには豊かな養分が川に流れないので下流の海には魚が育たなくなります。

それでは漁師さんは困ります。そうならないように漁師さん達は魚を捕るために山を登り綺麗にします。

でも、上記のように木を使う事になれば山に人が入り管理されることで森がきれいになり、豊かな養分が川へ流れれば美味しい魚も食べ続けられることになります。

 

木を使う事は環境問題だけでなく食の問題にもかかわりがあるのです。