住まいで将来の健康が決まる

有限会社安田工房は、アレルギーと住宅を考える会さいたま支部です。

暮らす人が健康であるための【住】環境を提案しています。

そもそも、いい家ってなんだろう?

さいたま市シックハウスの無い家づくり
いい家とは・・・アレルギーのない家づくり

華やかなデザインされた内装の家?

全て機械でコントロールされた高性能な家?

部屋がたくさんある家?

どれもそこに暮らす人が満足するならば全て正解なのが【家】というものです。

 

しかし、家のつくり方次第では【健康】から遠ざかってしまっているのも現実です。

シックハウスになったり、化学物質過敏症になったり、アレルギーになってしまったり・・・

ほとんどの人が・・・

「皆がみんなそうなっている訳ではないから」「そうなったらなったでしょうがない」

でも、実際にかかってしまうと、労力と治療費が大変なんです。

 

また、アレルギーが発症するきっかけが、実は【住環境】ということもわかってきています。

だから、アレルギーにならない家のつくり方が弊社では【いい家】と考えています。

 


住環境が原因の病はこんなものがあります

子供の頃に以下の病にならなかったとしても成人になった時に発症するという事も。その代表が【花粉症】で、どのような室内空間で育ってきたかが、歳をとった時の体調にも関係してくると考えられます。

シックハウス=住宅に起因する疾病のこと

シックハウスとは

住宅建材や家具などから放出されるホルムアルデヒドや揮発性有機化合物(VOC)などによって皮膚や目や喉などの刺激症状、倦怠感、めまい、頭痛、疲労感など病状が現れることをシックハウス症候群と言います。

この化学物質が床面に滞留するので、乳幼児期から暴露する機会が多くなり、特に新築住宅だけではなく賃貸住宅でも起こりうることなので幼児期を過ごす若い世代の家庭では慎重な家探しが必要と思います。

シックハウス対策で、☆☆製品が使われていますが全く無くなった訳ではないので今現在でもシックハウスに悩んでいる人も多く、増えている傾向にもあるのが現状です。

化学物質過敏症=化学物質に感作すること

化学物質過敏症とは、シックハウスと混同しやすいですが、住宅に限らず石鹸・化粧品・柔軟剤・殺虫剤・農薬など反応し、シックハウスと同じ症状が現れ精神神経疾患を伴う比率が高くなっています。

化学物質過敏症は、化学物質や石油化学製品などに体が違和感を示したり、中には杉や桧などの木材に反応する人もいるため注意が必要です。また、高濃度とは言えない微量の化学物質に反応しても症状が現れるという特徴があり、原因物質を取り除いても症状が継続する場合もあります。病態や症状が多種多様で複雑な事から、治療法は確立されていません。

アレルギー=体内に侵入した異物に対して抗原抗体反応

アレルギー疾患は、シックハウスや化学物質過敏症との合併症として出現することが多く見られ、同じ環境にいても発症しない人もいて、解明を難しくしています。アレルギーの種類は、アトピー性皮膚炎・食物アレルギー・喘息・アレルギー性鼻炎/結膜炎・花粉症などがあり、50年前にはほとんどなかった病気です。

高度成長期の住宅の産業化と共に増加しています。日本人の5割、子供では6割超で症状が現れていて、今までは感作は、経口摂取された食べ物に起因する腸管感作と考えられてきましたが(食べたことによる)、現在は経皮曝露(経皮感作)によって食物アレルギーなどのアレルギーが誘導されていると明らかになっています(食べた時点でアレルギーになった訳ではなく、食べる前からアレルギー体質になっていた。食べたものは、きっかけであって原因ではない。)

なぜ家がアレルギーなどを引き起こすのか

経皮感作

2009年に、小麦成分を含む石鹸によるアレルギー疾患が発症するという事件がありました。このことによりアレルギーは皮膚から侵入するアレルゲンによって発症するということが解明されたのです。アレルギーは経皮感作が有力な感作経路であることが明白になったことで、住宅内の空気の質の重要性が明らかになりました。化学物質の多い現在の住宅では、健全な皮膚の状態に保つスキンケアが、アレルギー体質や疾患の予防や改善につながります。

幼少期ほど注意が必要です

産まれて間もない赤ちゃんに着せる肌着とか離乳食って、自然なものとか国産の肌着とかを選んで購入する方っていると思います。

実は、住空間も同じで、子宮の中で羊水に守られて育てられてきた赤ちゃんの皮膚は、出生と同時に外界の様々な刺激を受けます。しかし赤ちゃんの表皮の厚さは大人の約半分だったり皮脂が減少したりとてもデリケートですが・・・服や食べ物は気にしても室内空気に気にする人は少ないのが現状で、しかも赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、アレルギーに関して本当は最も気にしないといけないのが【住空間】なんです。

この幼少期は、どの夫婦もお金のことが心配でなるべく安い賃貸や少しでもきれいな出来れば新築のアパート・マンションに住みたいと願う人は多いと思いますが、実はこの行為が子供のアレルギーになる可能性を高めているという事になっているのです。

そうならないためには

アレルギーになってしまうと、体質を改善する必要があります。

人は、一日に約1㎏の食べ物を、1.5㎏の水を、空気に関しては20㎏を摂り入れています。

健康のために食べ物には気を使っても、空気には意識を傾ける事もなく暮らしていますが、空気によって健康被害もありうるということです。

最悪の場合【衣食住】全てを改善するしかなく、それには時間とお金が掛かります。その予防として、いい家づくりをお勧めしています。

いい家=健康になる家は、アレルギーから守るだけでなく精神的にも肉体的にも整うのでより免疫力が付き、自然治癒力の発揮が期待できるからです。

では、いい家のつくり方って?

人が自然をお借りしている

古代ギリシアの医者のヒポクラテスは2400年前に「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく」と提唱していました。
現代人は、利便性や経済性を優先して自然素材を使わないことによって自ら自然から遠ざかってしまいました。その結果が、上記のような「病」を使って自然から警鐘を鳴らされているのです。だから、これからは地球と人間の健幸のために私たちが自然に近づいた家づくりをしなければならないのです。

自然に近づいた家のつくり方とは

今こそ素材をオーガニックにしよう

私達は、ゼロ・アレルギー・ハウスの家のつくり方が、様々な家づくりの中で、最も自然に近づくことができると考えています。ご自身がアレルギーが有る無しに関わらず、全ての人がより快適に健康に過ごすことができる空間づくりであると確信しています。また、私達が実際に暮らしてみて毎日が心地よく暮らしているのでこの考えをもとに【健康住宅】をお客様にご提供しています。